省エネ設計されているタイムレコーダー

タイムレコーダを商品として比較する場合には、維持管理コストも考慮するようにしましょう。維持管理費が高い場合には、たとえ商品としてのタイムレコーダーは廉価と言えたとしても、結果的には高い買い物になってしまうわけです。ところが省エネ設計されているタイムレコーダーの場合には、電気代の節約効果もあり、維持管理費が安く抑えられるというわけです。

しかし故障しやすく、すぐに買い替えを検討しなければならないとしたら、結果的には高い買い物になってしまいます。長持ちしやすい、というと曖昧で漠然とした印象になりますが、これは品質保証によって客観視することが可能です。メーカーの品質保証は、その保証期間を具体的に示しているものなので、どのくらい長持ちするのか、あるいは長持ちされるべき期間の目安がどのくらいなのかが判断できるわけです。省エネ設計されていれば、電気代の節約に繋がるだけではなく、電気負荷による機器へのダメージの蓄積も軽減できます。なにしろタイムレコーダーは毎日使用し続ける物と言えます。休日出勤する人がいる環境の会社であれば、メンテナンスも困難なほど使用され続けてしまうわけです。頑丈さというのは、素材だけでは判断できない場合があります。どのような環境下で使用され続けるのかも重要ポイントになると言えるからです。もしもパソコンと連動させる必要がないのでしたら、精密的な要素は少なくして、シンプルに出勤時刻と退勤時刻を打刻するだけのタイプにしておく、というのも効果的な選択と言えます。

なぜならば、出勤時刻と退勤時刻の打刻だけというのであれば、機器としての構造がシンプルで済むからです。シンプルに出勤時刻と退勤時刻とを打刻させるためだけのレコーダーであれば、実働時間あるいは残業時間だけを集計できるような機能を備えさせておくだけでも良いと言えます。実働時間を計算する機能は、シンプルなシステムだからです。残業時間だけを集計する昨日も同様にシンプルで、なおかつ、実働時間と残業時間を区分させられるのならば給与計算の簡略化にも効果的と言えるからです。不適切な残業時間を減らすためにも、残業時間だけを区分して集計できる機能というのは、備わっていると、従業員に対する警告効果も得られて効果的なのです。格安タイムレコーダーを選ぶ時には、消費電力、品質保証期間、打刻内容調整範囲に注目しましょう。打刻内容調整範囲というのは、打刻するだけの機能で使用することを選択する場合に役たちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*