タイムレコーダーは表示の明るさを変えられるもの

オフィスにおいて朝の9時ごろといいますと明るくなっているでしょう。外の日差しで明るいということもありますが、何より室内の電気がついていると思います。ですから、足元がどのようになっているとか、人の顔が見えないということはないと思います。こういったときには、特に何もしなくても、いろいろなものを見ることができるということになります。でも、仕事場というのは常にこういったところばかりというわけではありません。十分な明るさがないところもあるということです。夜になれば当然暗くなります。会社によっては一定時間になると、自動的に消灯されてしまうことがあります。そういったところでは、消灯と同時に帰らなければいけません。

また、職場自体がもともと暗いところにあるということがあります。工場などにおいては、オフィスのように明るくないということがあります。また、飲食店によっては、雰囲気の良いところは間接照明などになっています。食事をしたりする分には良いのですが、何かを見ようとすると少し暗く感じるということです。そういった場合、何かの書類を見ようと思う場合、別途照明を用意しないといけないということがあります。パソコンであったり、携帯電話などの操作などもしにくいということがあります。それらの場合、機械のほうからライトが出てくれることがあるので、一定の明るさにすれば内容を確認することができるということもあります。調整が必要です。オフィスにおいては、どこにでも設置されていると思われるタイムレコーダーがあります。こちらにおいては、置く所によっては、選ぶ必要が出てくるかもしれません。一般的には、明るいところで利用することができるようになっています。ですから、十分な明るさがあれば、表示している内容がわかりますし、機械の存在もわかります。でも暗い場所になると、表示内容がわかりませんし、機械の存在もわからないということがあります。そうなると操作をすることができなくなるということになります。

そこで、こういうことにならないように、機械に一定の仕組みがついているものを利用します。それはバックライトです。液晶タイプのものだと、暗いところでは見えにくいことがありますが、バックライトを設定しておけば見えるようになります。明るさを調節することができますから、全く付けなくてもよいですし、少しだけライトをつけるということでも良いということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*